いきなり弱音を吐くようで恐縮だが、明け方近くに帰宅する編集長の仕事は、肉体的にも精神的にも結構こたえる。2日連続の当番を終えると、達成感と同時に疲れがずっしりとのし掛かってくる。

 そんな夜、時々手を伸ばす雑誌の切り抜きがある。中学3年の秋。当時、WBA世界バンタム級の王者だったメキシコのルーベン・オリバレスに東洋タイトルを獲得したばかりの金沢和良が挑戦した試合の写真である。

 ファンならご存じだろうが、ボクシング界で真の「怪物」と言ったら、今でもこのオリバレスしかいない。階級も団体も乱立していない時代。「68戦66勝61KO勝ち2無効試合」という実績の前にはサラテ、デュラン、ハーンズ、シュガー・レイ、ハグラーといった後の怪物たちもかすむ。

 ファイティング原田を破った豪州のライオネル・ローズをリング外に吹き飛ばして王座を奪取。東京五輪の金メダリストで、希代のテクニシャンと称された桜井孝雄もローズ同様にリング外にたたき落とされた。金沢の挑戦は無謀視され、金沢が何ラウンド持つかだけが話題だったと記憶している。

 ところが、試合が始まると金沢はこの怪物と果敢に打ち合いに出る。オリバレス最大の武器、強烈なボディーアッパーを何発かくらっても金沢は倒れない。逆に13ラウンドには、得意の右フックをオリバレスのテンプルに打ち込み、ダウン寸前にまで追い詰めた。

 だが、思い直してみると、ここで金沢のスタミナは尽きていたのだろう。次ラウンド、両手を上げ万歳のような格好で叫びながら怪物の懐に飛び込み、力尽きた。

 この時の感動は今でも強烈だ。この試合の3年後、キンシャサでスローモーションのように崩れ落ちたジョージ・フォアマン、藤猛の“ハンマー”で打ち砕かれたサンドロ・ロポポロ、足を引きずりながらチャチャイ・チオノイを逆転KOした大場政夫。どの場面もこの試合の感動には及ばない。

 引退後、住職になった金沢は、この試合を「なぜ自分はこんなに頑張っているんだろう。倒れてしまえばいいのに、と思いながら戦っていた」と振り返っている。

 政治も経済も教育も、すべてがすさみきっているような時代である。新聞の編集も“明日なき世界”を切り抜いているような気すらする。金沢がオリバレスのテンプルに当てた一発の気概。写真を眺めながら、深夜ひとりで自分に気合を入れている。(編集長 鶴田東洋彦)

<鳩山首相>パラリンピック金メダリストにおわび(毎日新聞)
<再リコール>ヤンマー修理済み製品が発火(毎日新聞)
<埼玉県警商標権侵害>陸上幕僚長が警察庁に再発防止を要請(毎日新聞)
<近鉄名古屋線>特急に男性はねられ即死 愛知・蟹江の踏切(毎日新聞)
秋篠宮さまのタイご訪問、日程を変更(産経新聞)
[PR]
# by ens3yyshmk | 2010-03-23 20:11
 佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの順化ケージで放鳥に向けて訓練中のトキが侵入したテンに襲われ9羽が死亡した事故で、環境省は12日、同ステーション内に8棟ある繁殖ケージについても、外敵侵入防止対策を進めると発表した。対策が完了するまでの間、職員が夜間も常駐して24時間態勢で監視にあたる。また、同日までの調査で、順化ケージの金網の網目(側面2・5センチ四方、天井4センチ四方)より大きなすき間が209カ所見つかったことも明らかにした。

 繁殖ケージはトキの自然繁殖能力を養う施設。トキが衝突しないよう八角形をしており、高さ7メートル、広さ200平方メートル。現在、7組のつがい計14羽が入っている。

 具体的な対策としては、テンの侵入を防ぐため、周囲に板を張りめぐらせるほか、天井にかかった枝の伐採も行う。ケージの内外20カ所以上にテンなどの小動物捕獲用のわなも設置する。同省はこうした対策の整備を進めており、終えるまでの間、職員が24時間態勢で監視にあたる。

 また、順化ケージの金網からは同日、新たに147カ所のすき間が見つかった。【畠山哲郎】

首相動静(3月12日)(時事通信)
「激痛が走り、のたうち回った」凄惨な証言に静まりかえる法廷 秋葉原殺傷(産経新聞)
“泥棒目線”の防犯対策が重要 ベテラン刑事に聞く空き巣対策 (産経新聞)
札幌の老人介護施設で火災、中に数人か(読売新聞)
龍馬も香りをかいだ?グラバーのラン販売へ(読売新聞)
[PR]
# by ens3yyshmk | 2010-03-19 11:59
 投資信託で得た所得約2億4000万円を隠し、約3500万円を脱税した疑いがあるとして、東京国税局が東京都千代田区で開業する永井淳一郎税理士(79)を所得税法違反(脱税)容疑で東京地検に告発したことが分かった。

 関係者によると、永井税理士は06、07年の2年間で、税理士報酬とは別に投資信託で得た所得を申告せず、所得税約3500万円を免れた疑いが持たれている。永井税理士は修正申告に応じているという。【石丸整】

【関連ニュース】
名進研:社長を在宅起訴…脱税割合高く悪質 岐阜地検
脱税容疑:ビル転売の所得申告せず 東京の2社長を告発
脱税:芸能事務所アバンギャルド社長に有罪判決 東京地裁
企業買収脱税:公認会計士起訴 東京地検
犯人隠避:3容疑者を逮捕 GWGの企業買収巡る脱税で

ケージの金網、62カ所で広がる=テンが侵入? 、最大9×12センチ−環境省(時事通信)
<妊娠糖尿病>診断基準を厳格化(毎日新聞)
「被爆ザクラ」の苗木、盗まれる=平和記念公園、高さ1メートル−広島(時事通信)
<雑記帳>国内で唯一、ロシアラッコの赤ちゃん誕生 東京(毎日新聞)
事業仕分け 第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
[PR]
# by ens3yyshmk | 2010-03-17 22:08
 三重県御浜町沖で座礁し解体作業中に高波を受け、船体後部を残し水没したフェリー「ありあけ」(7910トン)について、解体業者の深田サルベージ建設(大阪市)が11日、同県紀宝町の紀南漁協で記者会見し「予定の4月中に撤去が完了するか、現時点では分からない」と話した。

 同日から始めた潜水調査などの結果を基に、来週末までに新しい作業工程を示す方針。

 水没に伴い船体内に残っていた積み荷の一部が流出したことについて、同社の佐野時生営業本部長代理は「袋などが和歌山県南部に漂着しているようだが、重油の流出はない。崩れた船体や積み荷の量、散乱したエリアは調査中」と述べた。

【関連ニュース】
座礁:フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘
熊野灘のフェリー座礁:解体中、崩落し海中に水没 作業ずれ込む可能性 /三重
熊野灘のフェリー座礁:「ありあけ」撤去、荒天で10日前後からに /三重
熊野灘のフェリー座礁:船体のつり上げ「来月6日ごろ」 /三重
【三重】座礁フェリーのその後

俳優池田努さんに感謝状=線路転落の男性救助−東京消防庁(時事通信)
70件か、空き巣のコロンビア人逮捕=捜査員の「直感」で尾行−警視庁(時事通信)
割引財源を高速道建設に=財政特措法改正案を閣議決定(時事通信)
日銀審議委員に森本氏=政府が国会に提示(時事通信)
朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化−鳩山首相(時事通信)
[PR]
# by ens3yyshmk | 2010-03-16 14:47
 新潟市美術館で展示作品にかびが発生したり、企画展示室でクモや昆虫が確認されたりするトラブルが相次いだ問題で、篠田昭市長は8日、北川フラム館長を更迭すると発表した。

 篠田市長は、同美術館で4月24日から開かれる企画展「奈良の古寺と仏像」を前に、「仏像展を確実に成功させるため、非常勤の北川館長は3月31日の任期満了をもって職を解き、新年度から常勤館長を置くことにした」として、同館のこれまでの管理体制を問題視したことを示唆した。

 北川氏はアートディレクターとして国内外の美術展、芸術祭のプロデュースを数多く手がけ、同市でも09年7〜12月に開かれた「水と土の芸術祭」のディレクターを務めた。07年4月から館長を務めていた。【小川直樹】

【関連ニュース】
<第一報>新潟市美術館、土アートでジメジメ 水気でカビ?発生(2009年7月31日夕刊)
新潟市美術館:かびの次は虫、展示室でクモなど大発生
<ウィーンの美術館>地下に性風俗店、市長は反対
<美術館の話題>ヴェネチア仮面祭 箱根の美術館で31日まで
<更迭人事>道警:枝幸署長をセクハラ行為で更迭

頼まれ妻殺害の夫に猶予判決「同情の余地ある」(読売新聞)
盲導犬事故死で賠償命令=育成費用290万円認める−名古屋地裁(時事通信)
女性殺害、当初は「病死」=報告に疑問、司法解剖で判明−茨城県警(時事通信)
おいらせ町長選 津波で投票箱24時間監視、ようやく終了(毎日新聞)
クラビットの有効成分を3倍にした点眼剤を承認申請―参天(医療介護CBニュース)
[PR]
# by ens3yyshmk | 2010-03-11 19:31
←menuへ