<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 岡田外相は12日夜、静岡市内で開かれた民主党衆院議員の会合で演説し、参院選での同党の獲得目標議席について、「非常に高い目標だが、参院で単独過半数を得たい」と述べ、非改選議員を含めて過半数(122人)に届く60議席以上とする考えを示した。

 岡田氏は「連立は大事だ」と断ったうえで、「単独で過半数があれば、連立を組んでいても私たちがやりたいこと、出来ることが違ってくる」と訴えた。

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、社民党に何度も妥協を迫られたことなどが念頭にあったようだ。

「メンフィス」が4冠=D・ワシントンは主演男優賞―米トニー賞(時事通信)
民主・樽床委員長「終わりよければすべてよし」?(産経新聞)
海自輸送艦 カンボジア到着 医療支援活動へ(毎日新聞)
亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)
<梅雨入り>関東甲信も 平年より6日遅く(毎日新聞)
[PR]
by ens3yyshmk | 2010-06-18 14:53
 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が5、6両日に実施した合同世論調査で、菅直人新首相に「期待する」と回答した支持率は57・3%で、「期待しない」の35・6%を上回った。夏の参院選の比例代表での投票先は、民主党は34・1%と鳩山由紀夫首相辞任直前の前回調査(5月29、30両日実施)の22・0%から12・1ポイント増と急伸、自民党との差を16・1ポイントに広げた。鳩山内閣発足時の内閣支持率68・7%に及ばないが、首相交代が一定の効果をもたらした。

[表で見る]菅内閣の内定した顔ぶれ

 政党支持率でも、民主党は30・6%と前回より12・9ポイントアップ。自民党は16・5%で前回と同じ。みんなの党は7・4%で2・4ポイント減らした。

 鳩山首相退陣には76・5%が「当然」と回答し、小沢一郎前民主党幹事長の辞任を「当然」と回答したのは93・0%に上った。だが、72・0%の回答者が参院選向けの首相交代だったと、今回の鳩山首相辞任劇を冷静に受け止めている。

 組閣や民主党の役員人事では、85・2%が小沢氏の影響を排除した人事を行うべきだと回答。閣僚や党幹部への起用では、枝野幸男行政刷新担当相72・5%、仙谷由人国家戦略担当相62・9%、蓮舫参院議員69・3%らが期待を集めた。

 菅氏に期待することは、「政治とカネの問題の対応」61・0%、「指導力」52・9%、「消費税率の見直し」47・5%などが軒並み高いが、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題については59・1%が「期待しない」と答えた。また、菅氏の副総理・財務相としての実績は46・7%が評価しないと回答した。

 参院選については80・9%が「関心がある」と回答。比例代表の投票先は、自民党が18・0%(前回比1・5ポイント減)、みんなの党10・9%(同3・1ポイント減)で、民主党だけが支持を伸ばした。民主党が目指す単独過半数獲得については44・8%が期待するが、51・2%は否定的だった。

 参院選の争点は「景気対策」がトップで39・1%。「医療・年金などの社会保障」13・8%、「バラマキ政策の見直し」12・3%、「子育て・教育問題」7・6%が続いた。

【関連記事】
民主党新執行部、午後決定へ 政調会長に玄葉氏
複数区の複数候補擁立の見直しも 民主党選対委員長に内定の安住氏
チグハグぶり目立つ首相交代劇
繰り返される短命政権 競争力強化のネックに
経済再生急務の菅新首相 弱点は財界人脈
「はやぶさ」帰還へ

交番に「拳銃よこせ」=包丁男を逮捕―警視庁(時事通信)
厚労省幹部「これでは国民の支持得られない」(産経新聞)
自民、横路議長不信任案再提出も検討(産経新聞)
可視光で光触媒の働き=将来の水素生産期待―物質・材料機構(時事通信)
9月に自殺予防対策セミナー−日精看(医療介護CBニュース)
[PR]
by ens3yyshmk | 2010-06-08 00:19
←menuへ