防犯ネットワーク整備を指示=大学生ボランティア活用も−警察庁(時事通信)

 ひったくりや振り込め詐欺など女性や高齢者を狙った犯罪が相次いでいることを受け、警察庁は21日、自治体や公共交通機関、民間企業が幅広く連携して、防犯情報を提供するネットワークを整備するよう全国の警察本部に通達した。
 犯罪抑止に重要な役割を果たす地域社会のつながりが弱体化しているとして、大学生や30〜40代の社会人を中心に参加を促し、地域パトロールや高齢者宅訪問をする防犯ボランティアの活性化も求めた。
 同庁はネットワーク整備について、不動産業者が入居希望者に防犯情報を提供したり、保険外交員が高齢者に声掛けしたりしている各地の取り組みを例示。役所や交通機関などに加え、飲食店やスーパー、ガソリンスタンドなどを幅広く活用して、高齢者や女性、子供に警察の防犯情報を提供する枠組みをつくる必要があるとしている。 

【関連ニュース】
「振り込め」口座用に保険証詐取=架空名義、容疑で2人逮捕
架空請求詐欺被害が倍増=3月の振り込め
融資会社偽装、振り込め詐欺=容疑で8人逮捕、被害総額5億か
振り込め詐欺で男5人逮捕=被害総額2億円か
警察官装い運転免許証詐取=45歳男逮捕、「50件やった」

<都市再生機構>事業仕分けに先手…技術者にしわ寄せ(毎日新聞)
殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
苦手分野に重点=実用問題も多数−学力テストが終了・文科省(時事通信)
<女性遺体>ふ頭で頭部発見 諸賀さんの可能性 福岡(毎日新聞)
[PR]
by ens3yyshmk | 2010-04-22 21:33
←menuへ