新潟市美術館 館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視(毎日新聞)

 新潟市美術館で展示作品にかびが発生したり、企画展示室でクモや昆虫が確認されたりするトラブルが相次いだ問題で、篠田昭市長は8日、北川フラム館長を更迭すると発表した。

 篠田市長は、同美術館で4月24日から開かれる企画展「奈良の古寺と仏像」を前に、「仏像展を確実に成功させるため、非常勤の北川館長は3月31日の任期満了をもって職を解き、新年度から常勤館長を置くことにした」として、同館のこれまでの管理体制を問題視したことを示唆した。

 北川氏はアートディレクターとして国内外の美術展、芸術祭のプロデュースを数多く手がけ、同市でも09年7〜12月に開かれた「水と土の芸術祭」のディレクターを務めた。07年4月から館長を務めていた。【小川直樹】

【関連ニュース】
<第一報>新潟市美術館、土アートでジメジメ 水気でカビ?発生(2009年7月31日夕刊)
新潟市美術館:かびの次は虫、展示室でクモなど大発生
<ウィーンの美術館>地下に性風俗店、市長は反対
<美術館の話題>ヴェネチア仮面祭 箱根の美術館で31日まで
<更迭人事>道警:枝幸署長をセクハラ行為で更迭

頼まれ妻殺害の夫に猶予判決「同情の余地ある」(読売新聞)
盲導犬事故死で賠償命令=育成費用290万円認める−名古屋地裁(時事通信)
女性殺害、当初は「病死」=報告に疑問、司法解剖で判明−茨城県警(時事通信)
おいらせ町長選 津波で投票箱24時間監視、ようやく終了(毎日新聞)
クラビットの有効成分を3倍にした点眼剤を承認申請―参天(医療介護CBニュース)
[PR]
by ens3yyshmk | 2010-03-11 19:31
←menuへ